訪問診療までの流れ


入院中の方・・・

入院されている方は、事前に病院内でカンファレンスを行います。

病棟主治医からの病状説明や治療経過はもちろん、理学療法士や作業療法士、看護師、管理栄養士など治療やケアに関わった方から経過を聞き、退院後の療養生活について、ご家族やご本人のご意向を踏まえて、どのような注意が必要か、どのように関われるか、関わっていくかを確認し合います。

疑問や不安、心配は、このとき極力解消できるように努めます。

退院から訪問診療までの不安な時間を極力少なくするために

退院日の調整をしてもらっています。


自宅や施設で療養中の方・・・

ご自宅で過ごされている方は、原則としてご家族に初回のみ、クリニックに来て頂いております。(可能な限りご本人や、担当ケアマネージャーも)

医師との面談で、今後の療養方針について確認し、訪問診療を開始するかどうか、開始日などを決めます。

大切なことは、ご本人と介護する方の両方が、在宅療養(訪問診療)を望んでいることです。それが確認できない場合は、訪問診療は致しかねますのでよろしくお願いします。